安  居

あんご
 TOP > やさしい仏教入門 > 安居

安居は一定期間、外出せずに、寺にこもって修行します。
安居は、雨から生まれた言葉で、雨期を意味します。
夏安居げあんご、夏行げぎょう、夏籠り、夏勤め、坐夏ざげ、坐臘ざろう、などとも呼ばれます。
いわば安居は夏の講習会。安居会あんごえとも呼ばれます。

 雨期

インドでは6〜10月頃、雨期となります。雨期には川が氾濫し、交通が困難になります。また、この時期は草木や虫がよく成長する時期にあたります。

そこで、足元の悪いこの時期に外出し、小虫を踏み潰したり、新芽を痛める恐れを考えると、出かけないのが一番、洞窟や寺にこもって修行に専念することになりました。これを安居といいます。

安居中の食事は在家の信者が運び、修行者から説法を聞くことを習いとしました。

この安居のための居場所が、お寺の始まりともいえます。この時代の寺は修行者たちの居住する場所であり、現在のような仏様をまつる寺ではありません。

お釈迦様が安居を行った場所は、1回目が鹿野苑、2〜4回目が竹林精舎、5回目が大林精舎、以降44回目まで所々不明のところもありますが、記録されています。

よく知られている祇園精舎は14回目から登場し、竹林精舎と祇園精舎がとにも計5回で、一番多く安居が行われた場所です。

 期間

期間は、4/16からの90日間とされています。安居は雨季に行われるので雨安居うあんご、またその期間が夏なので夏安居げあんごとも呼ばれます。

インドは広いので、地域により雨期にズレがあります。そこで参加者のことを考えて、前中後の3種類の安居期間がありました。

4/16からを前安居、5/16からを後安居、その中間4/17〜5/15の間に始めるものを中安居と呼びました。

そして安居の初日は、安居の制度をぶ、との意味で結夏けつげ、あるいは結制けつせいと呼ばれます。

最終日は、安居の制度をくので解夏げげ、あるいは解制と呼ばれます。

安居の最終日には、参加者全員による反省と懺悔さんげの会が催され、修行者に対する色々な供養も行われ、終わると修行者は各地へ出発しました。

この最終日の修行者に対する供養が、お盆のいわれにつながります。

 日本では

日本にも安居は伝えられました。しかし雨期がないので形が変わり、夏安居のほかに秋安居、冬安居などが生まれ、国土安穏や長寿息災を祈る法会形式が多くなりました。

期間は宗派により異なり、一定していませんが、夏安居は旧暦の4/16〜7/15日の三ヶ月間が基本とされています。

日本の安居は天武天皇12年683、宮中で行われたのが最初といわれています。延暦25年806桓武天皇の命により、15大寺と諸国の国分寺で安居が行われ、以後、官寺の恒例行事となります。

そして平安時代以後になると、安居は一般寺院でも盛んに行われました。特に禅系統の寺では安居がよく行われ、形はだいぶか変わりましたが、現在でも夏と冬に安居が行われています。

冬の安居は冬安居とうあんごまたは雪安居せつあんごと呼ばれ、10/16〜1/15または11/16〜2/15の期間に行われます。

 (C) Copyright 2016 Tobifudoson Shoboin.All Rights Reserved.

TOP > やさしい仏教入門 > 安居